海外でクレジットカードキャッシングに助けられた

海外でクレジットカードキャッシングに助けられた

 私は学生時代、カンボジアへ一人旅をした。旅行中、私は防犯上の理由から、日本円の入った財布と、カンボジアの通貨であるリエルの入った財布とを分けて保管していた。カンボジアへ行った目的は、世界遺産であるアンコールワットのあるシェムリアップの観光である。
 滞在期間は3泊4日で、そのうち3日間、アンコールワットを見学し、気球に乗り、タイ古式マッサージを受け、そしてカンボジアのグルメを楽しんだ。そしてカンボジアを発つ4日目の朝、最後にもう一度アンコールワットを見学したのであった。アンコールワットの入り口付近で缶ジュースを購入した時、僕の胸ポケットにリエルの入った財布は確かにあった。ところが、アンコールワット見学後、リエル入りの財布は無くなっていたのである。スられたのである。
 私は焦った。なぜなら、カンボジアを発つ飛行機はシェムリアップから遠く離れたプノンペンの空港であり、日本円ではプノンペンまでの公共交通手段を利用できないのである。
 何とかならないかと考えた末に、目に入ったのはクレジットカードであった。シェムリアップのホテルのATMで、クレジットカードキャッシングによりリエルを現金で入手し、なんとかプノンペンまで到達して、カンボジアを脱出したのである。
 クレジットカードキャッシングをできなかったなら、私は独りカンボジアで途方に暮れていたに違いない。